Skip to Content

STAP細胞を作れたというおぼちゃん

2014年12月1日 • しょうかいさん

たとえば一休さんが大金持ちや権力者だったら、、、 きっとみんな持ち上げるでしょ。「すばらしい頓智だ!」って。 これきっと今でも同じですよね、きっと。

だから一休さんの話しの教訓は、 「まず褒められたいなら、大金持ちか権力者になれ」 になるんじゃないかなぁ、と思ったんです。
こんな話しを日本人は重んじて、代々受け継いで来たなんて、 ちょっとゾッとしてきちゃいました。 研究分野によってはノートの必要、不要があるけど、生命系で実験系は必要やろ・・・ 生命系の実験研究をしている人らからは 、「(おぼちゃんの実験ノートは)実験ノートとはよべず落書き」 とばっさりだったもんな・・・ 当初に理研が実験を遡って検証しようとしたけど、全然出来なかったデスノート 。
記者会見で偽装専門の弁護士をたてるくらいなら、STAP細胞を作れたというおぼちゃんしか知らない第三者の研究者を連れてくるべきだったね 、研究内容を説明するのだったら、普通はそうするけど。 色々な嘘が積み重なって、今や第一段階の緑色発光を細胞が死滅するときの自家蛍光と勘違いしてたは通らない 。

Categories: 未分類
STAP細胞を作れたというおぼちゃん はコメントを受け付けていません。

最近のコメント

    カテゴリー