Skip to Content

純粋な思いを寄せて将来を誓おうとしていた

2015年1月6日 • しょうかいさん

部下の生命を守ることを第一にした判断を下してきたウォーダディのコリアーだが、最後の最後で『ベルリンにつながる十字路の戦略的要地』を300 名規模の武装SS大隊に対してフューリーで死守するという決断を下す。

地雷を踏んでフューリーのキャタピラが壊れたために身動きが取れず、十字路のど真ん 中で停止した状態で、重武装したナチスの精鋭部隊とやり合うことになるが、浮気調査 宇都宮コリアーは部下たちに自分はここに残るが逃げたければ逃げても良いと命令する。
最後の決戦は、ド派手な火力がぶつかり合うアクションに重点を置きすぎてやや蛇足めいた長さにもなっているが、わずかな少人数の部隊で大人数の敵に決死の覚悟で立ち向かうというのは、戦闘状況の悲劇的な物語性(運命的な結末)に引きずり込むお約束の展開ではある。
『フューリー』は、映画のどの場面に注目するか、物語の各部からどういったテーマや感情を抽出するかによって、非常に多面的かつ構造的な見方をすることができる面白い映画に仕上げられていた。ナチス占領下のフランスでもドイツ兵とフランス女性のカップルが多数いました。彼女らはパリ解放後にリンチに遇いました。

Categories: 未分類
純粋な思いを寄せて将来を誓おうとしていた はコメントを受け付けていません。

最近のコメント

    カテゴリー