Skip to Content

海外では

2014年8月29日 • しょうかいさん

政治の世界で、男性による女性蔑視が当たり前にあるのなら、それは大きな問題で、正すべきだとは思うが。。。

外国人記者さんたち、自分の国を、美化しすぎていませんか。。。って気がする。

それから・・・外資系企業でも、男性同様、女性の上司がエコひいきして部下から嫌われるという事例も、数多くあると聞いている。

都議会の議場で、「静粛に!!」という言葉を議長が言わなかったとしたら、とても不思議だが。。。

そのことをもって、日本が男女差別の国と言われるのは心外だ。

たとえば・・・「子供がいるので、出張はしたくない」と女性社員に言われた上司が、どう反応するか。
海外では、「親戚に預けるか、夫に頼むか、ベビーシッターを頼みなさい。そのために給料を払っているのだから、子供は出張拒否の理由にはならない」というらしい。
日本では「大変だろうから、誰かほかの人が、犠牲になってくれ」というのが、普通らしい。
これでも日本が、男女差別、なかでも、男性優位の社会と言えるだろか。
私には、とてもそうとは思えない。今の日本は、むしろ、逆差別の国ではないのか。

Categories: 未分類
海外では はコメントを受け付けていません。

最近のコメント

    カテゴリー