Skip to Content

大切な酸素

2017年4月13日 • しょうかいさん

BMIを算出する式はどこの国でも共通ですが、値の評価は各国少しずつ違っていて、一般社団法人日本肥満学会ではBMI値22が標準体重、25以上だと肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と決めています。
クモ膜下出血とは9割弱が脳動脈りゅうと言われる脳の血管にできる不要なこぶが破裂して出血してしまうことが要因となって罹患する深刻な脳の病気なのです。
よく耳にする心筋梗塞というものは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管内の空間が細くなり、血流が途絶えて、大切な酸素や栄養を心筋まで届けられず、ほとんどの筋繊維が機能しなくなるという大変危険な病気です。
AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因となって生じるウイルス感染症の事であり、免疫不全を招き健康体では感染しにくい病原体による日和見感染やがんなどを複数併発する症候群そのものの事を総称しています。
1回永久歯の周りのエナメル質を脆くさせるほど症状の進んでしまった歯周病は、あわよくば炎症が和らぐことはあっても、失った骨が元通りに再建されるようなことは無いに等しいのです。
肥満(obesity)というのは当然食生活の習慣や栄養バランス、運動不足などが主因ですが、内容量は変わらない食事であれ、大慌てで食べ終わる早食いを日常化することで肥満(obesity)を招く可能性が高まります。
2005(平成17)年2月より新しく特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)の外観に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促す文句を表記すること各メーカーに義務付けられている。
体脂肪の量(somatic fat volume)はさして変化がなく、体重だけが食物の摂取や排尿等によって一時的に増減する際、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減少した方は体脂肪率が上がるのです。
体を動かすのに必要なエネルギー源として速攻で機能する糖、細胞の新陳代謝に絶対欠かせない蛋白質など、行き過ぎたダイエットではこの2種類に代表される活動を確保するために欠かすことのできない要素までもを減少させている。
脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂分泌の異常によって出現する湿疹で、分泌が乱れる因子として男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンの均衡の乱れやリボフラビンなどビタミンB複合体の不足等が大きいと言われています。
亜鉛は、遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に作用する様々な酵素や、細胞や組織の代謝機能に深く関係している酵素など、200種類以上も存在する酵素を構成する要素として大切なミネラルの一種だといわれています。
下腹部の激しい痛みの元凶となる代表的な病には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、女性特有の疾患等が挙がるようです。
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、体内における脂肪が占有している割合のことで、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、キロ)×100」という式で表すことができます。
「肝臓の機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)などの値によって判断することができますが、特にここ2、3年肝機能が落ちている人が明らかに増加しているということが分かっています。
バイキンやウィルスなどの病気を生み出す病原微生物が口から肺の中に侵入して発症し、肺の中が炎症を起こしてしまっている境遇を「肺炎」と総称しているのです。

Categories: 未分類
大切な酸素 はコメントを受け付けていません。

最近のコメント

    カテゴリー