Skip to Content

半壊状態

2014年10月15日 • しょうかいさん

津波の爪あとは一部残りつつあるが
      町としての機能はかなり復活している印象。

      ちなみにここでオイル交換してもらった(笑)
      道の駅「みやこ」の土産センターは仮設で営業。

大槌町・・・半壊した建物も何棟かあり、壁には「闇金の相談解体希望」とか赤字で書かれている。(写真2)
      町役場が残っていたが半壊状態で、入り口には献花台に花が供えられていた。
      解体作業に追われているような印象で、やはり住宅地だったと思われた場所に家はほぼない。
      国道より西か東かで被害状況が全然違う。

釜石市・・・未だに国道沿いからも被害の大きさが見られる。
      海沿いの道路(現在通行不可)のガードレールの折れ曲がり具合は尋常ではない。
      工事中で迂回路の箇所が多数。
      多くの重機が片付けや解体作業に追われていた。

陸前高田市・・・今回見た感じで一番広く被害面積が見えた。
        はるか遠くの方まで住宅地だったと思われるが、基礎だけ残った家々が見られる。
        海沿いの道の駅「高田松原」はまだ復旧しておらず、被害当時のまま。(写真3)
        寸断された線路もそのまま。ガレキもまだ大量に残っている。
        写真家の方が何人か熱心に撮影していた。
        最新情報として是非取り上げて欲しいところ。

仙台市・・・夜間イルミがめっちゃ派手

その他情報として町と町の間にある山際には仮設住宅がちらほら。
しばらく仮設住宅での生活はやむを得ないだろう。

Categories: 未分類
半壊状態 はコメントを受け付けていません。

最近のコメント

    カテゴリー