Skip to Content

タンス預金

2014年9月13日 • しょうかいさん

いわゆるデリバティブの内容⇒古典的な金融取引、実物商品及び債権取引の相場変動が原因の危険性をかいくぐるために考え出された金融商品の大まかな呼び名であり、とくに金融派生商品ともいわれる。

知っておきたいタンス預金。物価上昇中は、インフレの分相対的に価値が下がるという現実。たちまち暮らしに必要とは言えないお金だったら、安全、そして金利が付く商品にお金を移した方がよいだろう。

【用語】外貨預金のメリットデメリット。銀行が扱うことができる商品の一つを指し、円以外の外国通貨によって預金をする事です。為替変動による利益を得られる反面、同じ原因で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。

未来のためにも日本国内でも銀行などの金融機関は、広く国際的な市場や取引にかかる金融規制等が強化されることも考えて、経営の一段の強化、そして合併・統合等をも取り入れた組織の再編成などに活発な取り組みが始まっています。

FX(外国為替証拠金取引):簡単に言えば、補償金をもとに外国の通貨を売買した差額によって証拠金の何倍もの利益を出す取引のこと。外貨預金または外貨 MMFに比べてみて利回りが高く、また為替コストも安いというのがポイントである。始めるには証券会社やFX会社へどうぞ。

Categories: 未分類
タンス預金 はコメントを受け付けていません。

最近のコメント

    カテゴリー